水泳でやせる理由

水泳で痩せる方法は、有酸素運動によるダイエット方法の代表です。また、水泳で痩せる理由としては、熱を伝えやすい水の中で運動をすることで、体温が水に奪われ脂肪燃焼が促進されていきます。有酸素運動によるダイエットは、休まずに続ける事で効果が出てくるものです。

 

プールで泳ぐ場合、一方向に泳いでから休憩し、しばらくしてから泳ぐという方法はお勧めできません。また、瞬発力を要しすぐに終わってしまうような泳ぎ方は無酸素運動となり、脂肪が燃焼しません。息を止めて力一杯泳いだり、適切な呼吸法やモーションで水をかくことができなければ、有酸素運動にならない場合があるので要注意です。

 

有酸素運動にする為には、30分〜1時間を目途に泳ぎ続けると脂肪燃焼効果が見られます。ダイエットを始めたばかりの人が長時間続ける事は容易ではありません。長く泳ぎ続ける為に楽に泳ぐ技術を身につける事が、ダイエット成功には大切なポイントです。水泳でまとまった時間泳げるようになって初めて、水泳で痩せる方法で一定の効果を上げることができるのです。

 

水泳ができないからといってもダイエットの方法が断たれてはいません。泳ぎが好きでない人や、腰や足に負担をかけすぎたくない人には、水中ウォーキングという方法もあります。水泳にこだわらずとも、水中の抵抗をかき分けて歩く水中ウォーキングもダイエットには非常に適した健康的に痩せる方法なのです。

水泳で痩せるメリット

水泳で痩せる方法にはどういった効果があり利点があるものでしょうか。体重が重い人、お年寄り、障害を持った人でも、水の浮力によって膝や腰に負担をかける事なく気軽に出来る事が、水泳で痩せる方法の最大のメリットです。ジョギングやランニングで膝や腰に負荷がかかり、ダイエットを中止せざるをえなくなる可能性があります。

 

体への負担を軽くしながらできるのが水泳で痩せる方法です。空気中の運動より水中の運動の方が、水の抵抗によりひとつひとつの動作に力がいるため、簡単な運動でも脂肪燃焼効果が期待できます。陸上運動に比べて動きにくい為、手足を動かす事で抵抗が増し筋肉の発達につながります。

 

水泳で痩せる方法のいいところは、単純にダイエット効果の他にも、全身運動をすることで体中の筋肉を使うことができるという点にあります。水泳でダイエットをする魅力はこれ以外にも存在します。水中での運動は心臓や肺の働きを鍛えます。また、水の圧力が体にかかるので、血の巡りが良くなって代謝も活性化します。

 

水泳で痩せる方法は、効率よくエネルギーを使える方法でもあります。陸上で使うカロリー量は、水中で使うカロリー量の1/20です。水中はそれだけカロリーをよく使う場所であり、ジョギングの4倍のカロリーを水中で使うことができます。ダイエット効果のある有酸素運動は無数にありますが、水泳はその中でもカロリー消費の多い方法です。体脂肪を燃やしたいなら、健康的な水泳で痩せる方法がお勧めです。

泳がずに痩せる、アクアビクス

水に入ってのエアロビクスのような位置づけになるアクアビクスは、ダイエットにいい有酸素運動を楽しみながらすることができます。アクアビクスでは水泳はしませんが、水の中での走りや歩行、跳躍運動などで体を動かしていきます。

 

水中エアロビクスという言い方もいますし、アクアサイズ、アクアエクササイズとも呼びます。アクアビクスは、陸上でのウォーキングよりも腰や膝への負荷が軽減されます。体重が重かったり運動不足の人にもお薦めのダイエット方法です。リズミカルな音楽に合わせて運動がであるアクアビクスは、動きがワンパターンになりがちな反復運動より飽きにくいものです。

 

プールに出向いて水着を着用し、準備運動をするという一連の行動を大変だと感じる人もいます。思い立ってから泳げる状態になるまで時間がかかるため、面倒がる人もいます。水泳で痩せる方法自体がストレスになってしまっては意味がありませんので、無理をする必要はありません。

 

体にいいダイエットをするなら、摂取カロリーを減らすだけのダイエットではなく、水中での運動など体を動かすメニューも取り入れましょう。水温で冷えた体を温めようとするので、代謝が自然とアップします。有酸素運動になるだけでなく、アクアビクスは様々な効果がありますので、ぜひ実際にやってみてください。ダイエットがきっかけで水泳を始めたものの、今では泳ぐ楽しみを覚えてしまって継続しているという人もいます。

効果的な距離や時間など具体的な泳ぎ方

水の中での運動は、水泳に限らずともダイエット効果があるという長所があります。ダイエットには運動は欠かせませんが、膝や腰に故障がある人や体脂肪が多すぎる人は、激しい運動では関節に衝撃がかかります。浮力のある水中では衝撃を軽減してくれます。

 

スポーツクラブに通うのが高いという方は市民プール等の安い施設でも十分にダイエットできるので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

水泳で痩せる方法の具体的な方法ですが

 

慣れる迄は100〜200mゆっくり泳ぎましょう。

 

途中疲れたら休憩を取ります。
初めは100m〜200mでも、物足りなくなってきたら距離を伸ばします。

 

これを数セット、週2回〜週3回ほどのペースで行うとダイエットにいいといわれています。

 

今度はなるべく休まずに連続で泳ぎます。
体調に合わせて数セット行います。時間というより距離の方が分かりやすいのでさらに距離をどんどん伸ばして行くことで、ダイエット効果も倍増します。水泳をしている間は思った以上に汗をかきます。こまめに水分を補うようにしてください。

 

また、体脂肪の燃焼を促進するにはリパーゼの働きを高めるためにアミノ酸を取り入れるといいでしょう。脂肪燃焼酵素であるリパーゼがアミノ酸によって活性化されると体脂肪が分解されて血液の中に流れ出はじめます。血液に脂肪が分解されて溶け込んでいるその時に運動をすることで、効果的に体脂肪が燃焼できるという狙いです。

 

水泳や水中運動をする30分前くらいにアミノ酸を摂取するようにすると、効果的に脂肪が燃えるようになりダイエットにもなります。体の働きを理解して、適度な運動とバランスの良い食生活を心がければ、健康的に痩せることが可能になります。適切な運動や生活改善と合わせて、水泳で痩せる方法で健康的に脂肪を燃やしていきましょう。