お茶の効能別種類

いろいろな種類がある中でダイエットにはどのお茶が適し、 どのような効能があるのでしょうか。

 

体脂肪が気になり代謝を促進したいという方は、
カテキンが豊富な緑茶を積極的に取り入れるようにするといいでしょう。

 

減肥烏龍茶も痩せるお茶として人気があります。
烏龍茶を中心としたブレンド茶で、老廃物を排出する効果があります。

 

体内に留まっている不要な成分を効果的に出すには、 アントシアニンやイソフラボンの多い黒豆玄米茶がいいでしょう。

 

黒烏龍茶には、特有のポリフェノールによって脂肪吸収を抑制する効果があります。痩せるお茶として人気のコンビニでもどこにでも手にできる市販の商品です。

 

むくみが気になる方は、 カリウムがたっぷり含まれ利尿作用もあるとうもろこしの実のコーン茶がおすすめです。

 

発酵ウコン茶は、 ウコンの独特の匂いや臭みを発酵によって緩和し、口当たりを良くしたお茶です。 高い発酵によりカルシウムを中心としたミネラルが格段に多くなっているのが特徴です。 発酵で体内への吸収力がアップし抗酸化作用効果もあるそうです。

 

漢方では不老長寿にいいとされていた杜仲茶は、 ダイエットにいい痩せるお茶として愛飲者の多いお茶といえます。 血圧を下げたい時は、この杜仲の葉から採取した成分が身体に影響を及ぼします。

人気の成分

お茶がどのような目的で飲まれているか
どのような成分が人気があるお茶の種類かいくつかご紹介しましょう。

 

内臓脂肪が気になる方は、
脂肪を分解する作用があり自律神経を活発にする効果がある烏龍茶がといいでしょう。
脂肪の代謝に効能があるお茶にはゴーヤ茶があります。
ゴーヤは脂肪分解酵素リバーゼの働きを促す効果があり脂肪を燃えやすくしてくれます。

 

カテキン茶は、
カテキンダイエットでとして人気の痩せるお茶です。
特に、内臓脂肪を減らしたいという方には、特定保健用食品の認可を受けている
茶カテキンを用いたお茶の摂取が体にいいでしょう。

 

プーアール茶は、
コレステロールの低下、中性脂肪の低下、消化を促進する効能があるので、
ダイエットお茶だといえます。

 

漢方薬としても使われていた杜仲茶の杜仲は、
足腰の痛みや倦怠感を緩和するといわれ、腎臓や肝臓の働きを助け、
高血圧を下げる効果がある植物としてよく使われていました。
健康にいいだけでなくやせるお茶でもあることが杜仲茶の魅力です。
科学的にも杜仲茶により体脂肪の減少効果が見られることは明らかにされています。

 

ギムネマ茶は、糖尿病治療や食後の血糖値上昇を抑える効能があるといわれてます

 

アフリカ茶もしくはジュアール茶と呼ばれるお茶は、ポリフェノールの補給ができます。

 

ダイエットや健康や美肌を目的とし、お茶だけ飲めばというわけでもないのでその効能を
最大限に発揮させるためにも食事や運動など生活習慣の改善とともにお茶を飲み続けると良いでしょう。